自宅は集中できない?在宅ワークで集中力を継続させて楽しく仕事をする3つのコツ

ビジネス

在宅ワークになって自宅で仕事という方も増えていますが、集中できないという方も多いようです。

私は去年の12月から、ほぼ引きこも。。。完全在宅ワーカーとなりました。

やはり、自宅ではなかなか集中できず仕事が進まない日々が続いていました。

そんな引きこも。。。完全在宅ワーカーの私が、3つのコツを意識したことで集中力が継続できるようになり、今では自宅で楽しく快適に仕事できています。

この記事では、在宅ワークを集中力を継続させて楽しくするコツを紹介していきます。

僕にとって集中ができるようになったコツがあなたに合うか分かりませんが、自分なりにアレンジする材料として、ぜひ参考にしてください。

在宅ワークで集中力を継続させて楽しくする3つのコツ

どうせなら楽しく在宅ワークを集中して行うコツが3つあるので紹介します。

  1. 仕事をする前の習慣がコツ
  2. 在宅ワークは切り替えがコツ
  3. 楽しく集中できる環境を作るのがコツ

それでは詳しく見ていきましょう。

仕事をする前の習慣がコツ

在宅ワークで、集中するためには仕事前にどんな行動をするかはとても大切です。

・出勤してる時と同じ生活リズムにする

・特に起床後の行動はルーティン化しておく

この2点がポイントです。

いつも出勤している時と同じ時間に起きて、同じタイミングで食事をして、寝ることで生活リズムを崩さず、なるべく一定にすることが大事です。

ちなみに筆者は、仕事を休みと決めている日でも、生活リズムはなるべく同じにしています。

こうすることで、在宅ワークでも仕事の時間が保たれ集中できる環境が作れます。

特に起床後は大事で、目が覚めた時にやると良いことをまとめておくと、こんな感じです。

すぐに着替える

ベッドメイキング

光を浴びる(朝型の人は朝日が最強)

コップ一杯の水又は白湯を飲む

軽く掃除

軽めの有酸素運動(ウォーキングやHIITなど)

朝食を摂る

しっかりと起床時に体と頭を起こすことで、その後の仕事での集中力が高まるので、ぜひ、実践してみてください。

とは言っても、これらのことを、全部すぐに習慣にするのは難しいと思うので、できることから生活リズムに取り入れていくことをおすすめします。

在宅ワークは切り替えがコツ

とにかく在宅ワークで集中を継続させるためには、切り替えが大事だと感じています。

まず試して欲しいのが、こちらの3点です。

・時間を短く分割して集中力を保つ

・私服に着替える

・ワークスペースとプライベート空間は分ける
サクッとわかりやすく説明していきます。
 

時間を短く分割して集中力を保つ

在宅ワークで集中を継続させるには、時間を分割して、仕事することをおすすめします。

特に時間が決められてないので、ダラダラやってしまうことが多いからです。

それに人の集中力は、短い時間しか持たないようです。

なので、時間を決めて、休憩を入れながら、刻むことで集中を継続させることが可能になります。

その時に試して欲しいのが作業ソンでタスクシフトというやり方です。

25分やったら休憩を入れるというやり方なのですが、短期時間で集中できるので、めちゃくちゃおすすめです。

例えばタイマーをかけて

25分 集中して仕事

5分 休憩

これを2回繰り返し、3回目25分仕事したら、20分休憩するようにします。

これをワンセットにして、次のタスクにシフトするようにすることで、タスク管理と時間管理の両方ができて、今の仕事に集中できるようになります。

本当に飽き性で何事も続かなかった私は、このやり方にしたおかげで、集中して仕事が続くようになりました。

詳しくはこちらを参考にしてください。

佐々木ゴウさんの記事はライターに、ほんと有益で、参考になりますよ。

 
注意点として、マルチタスクにならないようにすることです。
マルチタスクになると注意が一回一回逸れて、逆に集中力が下がります。

私服に着替える

ついつい在宅ワークしてるとパジャマのまま過ごしちゃうということありませんか?

在宅ワークで集中するには、切り替えがとても大事という話は、何度もしていますが、起床時に着替えるのも、切り替えるという意味で、とても大切になってきます。

もちろん楽な服装で仕事するのも良いですが、自分のお気に入りの服を着て、モチベーションをあげることで、集中力も高めることもできるので、ぜひ試してください。

ワークスペースとプライベート空間は分ける

集中した作業環境を作るためには自宅の中でもワークスペースと休憩するようなプライベート空間を分けましょう。

なぜなら、視界にたくさん情報が入ると集中できなくなります。

誘惑になるようなものを出来るだけ目の届かないところに遠ざけて、集中できるような環境を作りましょう。

デスクを窓際などにして、顔をあげた時景色だけが目に入るような工夫をするのがおすすめです。

ワンルームなどで仕切りが難しい場合でも寝るスペースと仕事するスペースを本棚や布などで仕切るといった工夫をしてみるのもおすすめです。

楽しく集中できる環境を作るのがコツ

自宅は、ゲームや、ベッド、コタツ、テレビなどなど、誘惑がいっぱいなので、集中できる環境を作るのも大事なコツです。

特に気をつけたいのが次の2つです。

スマホを遠ざける

部屋にテレビを置かない

スマホを遠ざける

仕事中はスマホをなるべく遠ざけて置いたり、電源を切っておくと集中できますよ。特にSNSは見てしまうとキリがないので注意が必要です。

あっという間に時間が経ってしまい集中力が失われてしまいます。

どうしてもスマホを見たいときは、タイマーをかけて時間を決め、強制的に終わらせるなどの工夫をしてみましょう。

部屋にテレビを置かない

スマホと同じくテレビも部屋に置かないようにしましょう。

ついつい見てしまって時間が過ぎてしまうので基本的にテレビはつけないようにしましょう。

音が無いと集中できない人は、ラジオやBGMを流すことがおすすめです。

いずれにしても、楽しく集中できる環境造りを目指しましょう。人はある程度の制限をかけることで集中しやすくなるので、自分が心地よく集中できる工夫を考えて実践してみましょう。

どうしても在宅ワークで集中できない時のストレス解消方法

とはいえ、やっぱり集中できない時の解消方法を紹介しますので、参考にしてください。

・定期的に運動を入れる
・ボーッとする時間を作る

定期的に脳をリフレッシュさせましょう。

定期的に運動を入れる

特に一日中座りっぱなしで、作業することが多い在宅ワークでは、運動を定期的に行うことが大事です。

体を動かすことで、脳と身体をスッキリさせることができるので、リフレッシュしてまた、集中を取り戻せます。

特に朝の仕事前の有酸素運動は集中して仕事をするためにおすすめです。時間は30分〜1時間ぐらいが良いと言われていますので、試してください。

ボーッとする時間を作る

ボーッとして何も考えない時間を作ることも脳をリフレッシュさせてくれます。

人は何かしら考えてしまう生き物なので、意識的に何も考えずにいるという時間を作ることで脳が休めるのです。

瞑想するというのも、一つの方法で、「今の瞬間瞬間に集中すること」で考えることから遠ざけてくれます。

下記の記事では、運動と瞑想を合わせてすることでメンタルにどれだけ良いかを紹介した記事ですので、参考にしてください。

まとめ:在宅ワークは自分に合った環境づくりで集中を作る

いかがでしたか?ここまで在宅ワークで集中力を継続させ楽しくする方法を紹介してきました。集中力を保つためには3つのポイントを抑えておきましょう。

  1. 仕事をする前の習慣がコツ
  2. 在宅ワークは切り替えがコツ
  3. 楽しく集中できる環境を作るのがコツ

在宅ワークを楽しみながら、効率よく仕事ができる環境づくりの参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました